一宮市の動物病院・きそがわペットクリニック

logo

犬の病気

脳、脊髄、神経

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

主な症状

元気がない・つかれやすい、歩き方がおかしい、立ち上がるのに時間がかかる、足をかばう・引きずる、腰痛

かかりやすい犬種

ミニチュア・ダックス、ビーグル、コーギー、軟骨異栄養症性犬種(ペキニーズ、プードル、シーズー、パグ、ビーグルなど)

かかりやすい年齢

若齢期(2~7歳)

水頭症

主な症状

てんかん発作、ぼんやりすることが多い、元気がない・疲れやすい、歩き方がおかしい、運動障害、麻痺

かかりやすい犬種

小型犬(チワワ、トイプードル、ミニチュアダックス、ヨークシャーテリア、ポメラニアン、シーズー、ミニチュアシュナウザー、ミニチュアピンシャー、ウエストハイランドホワイトテリア

かかりやすい年齢

てんかん

主な症状

てんかん発作を起こす よだれが多い、失禁する、意識がなくなる、痙攣をおこす

かかりやすい犬種

トイプードル、ミニチュアダックスフンド

かかりやすい年齢

ページのトップへ